Special Topic
bjリーグ・JBL・WJBL大学バスケ高校バスケ
Special Topic

The Survival..2013/5/10 EasternConference SemiFinal ゲームレポート[横浜ビー・コルセアーズ vs 富山グラウジーズ]Game1

聖地・有明への最後の関門…
bjリーグ2012-2013シーズン プレーオフ カンファレンスセミファイナル
残り8チームとなった、このラウンド。

戦いは…いよいよ佳境となった。

Road to the Championship…全ては頂点に立つために…

今回からそんな負けたら終わりのシリーズ、ゲームレポート・インタビューを数回に分けてお届けしてまいります。


初回は、5月11日(金)神奈川県横浜市・横浜文化体育館で行われた、イースタンの一戦。
<イースタンカンファレンス セミファイナルGAME1> 横浜ビー・コルセアーズ vs 富山グラウジーズ 

オフェンス力・ゴールへのアタックに自信のある、ホームで千葉ジェッツとのファーストラウンドを激しい戦いの末、GAME3を2点差で勝利して勝ち上がってきた、有明初進出を狙う「グラウジーズ」
一方、カンファレンス2位でファーストラウンドをパスし、堅いディフェンスからのバスケットで2年連続の有明…さらに昨シーズン3位よりも上のThe Finalへ…そして頂点へ!と意気込む、ホーム開催の「ビー・コルセアーズ」
レギュラーシーズン2勝2敗とタイの成績…激しい展開が予想されるカードだった。




第1Q、序盤はお互い硬さが見え、なかなかシュートが入っていかない我慢の展開。
ビーコルは#1トーマス・ケネディが得意のペリメーターをしっかり決めて、スタートを切れば。
グラウジーズもすぐさま#50アイラ・ブラウンのパスから#41エンジェル・ガルシアのゴール下を皮切りに、#0藤江健典の3Pが決まり、2連続ゴール。
ポンポンとスコアリングされていく、アップテンポな展開になっていくかと思ったが、全く違った…


ここから我慢の展開、シュート打つ前のディフェンスが激しく、クリーンなシュートをお互いに打てなく、スコアが伸びない。
残り7分でグラウジーズ・#41ガルシアが2ファールで早くもファールトラブル…
前半5分間で8-10とグラウジーズリード。
そして、その後グラウジーズのボブ・ナッシュHCが流れを変える為にタイムアウトを請求。

201305142151_1-300x0.jpg201305142151_2-300x0.jpg









このタイムアウトがグラウジーズに流れを引き寄せる。
タイムアウト後のファーストプレーで#23ジェレミー・ジェイコブがドライブを鮮やかに決めていく。
ここからエース・#31城宝匡史のスクープショット!そして、その城宝のスティールからブラウンのコンビで豪快なアリウープダンク!
3連続ゴールを決められたビーコルは、レジー・ゲイリーHCがすかさずタイムアウトを請求。

それでもグラウジーズの猛攻は止まらない…
藤江がフェーダウェーでタフショットを決めていけば、ブラウンがスティールから今度は豪快にスラムダンク!!!
会場はグラウジーズブースターの歓声に包まれていく…
そして、ラストプレー!城宝がブザービータークラッチ3Pを涼しげに決める!!!

201305142151_3-300x0.jpg201305142151_4-300x0.jpg









12-25でダブルスコアのリードを広げる。
後半5分間のランニングスコアは2-13と、あのナッシュHCのタイムアウトがグラウジーズを爆発させた。




そして…第2Qのスタート。
まずはビーコル#2ドゥロイレン・バーンズがハイピックのプレーから得意の3P!さらにケネディもペリメーターショットで続いて、点差を縮めていく。
しかし、すぐさまグラウジーズもブラウンのフリースローに城宝のベースラインドライブからのレイアップで流れを離さない。
ここからは両者の意地と意地がぶつかり合う攻防が繰り広げられる。

201305142151_5-300x0.jpg201305142151_6-300x0.jpg









ビーコル・バーンズが再び3Pを決めていけば、グラウジーズも得意のアタックで相手の日本人エース#3蒲谷正之・インサイドの要#22ショーン・マロイを2ファールに陥らせるプレーを見せていく。
それでもビーコル#13山田謙治がケネディのパスを受けて、しっかり3P!しかし、お返しの3P決めたのはブラウン!
このままオフィシャルタイムアウトを迎えた、スコアは25-32とグラウジーズリード。

タイムアウト明け、残り3分台でビーコル蒲谷や鮮やかな2連続ペリメーターショットを決めて、会場が沸く。
それでもグラウジーズも負けてはいない。
ブラウンのパスから#9水戸健史がゴール下にカットインし、レイアップ。そして、ジェイコブもしっかりゴール下で仕事をし、今度はグラウジーズベンチが沸く。

201305142151_7-300x0.jpg201305142151_8-300x0.jpg









それでも…ビーコルが得意なオフェンスパターンから得点を重ねていく。
まずはバーンズのドライブからのレイアップ!さらにバーンズからケネディへのファストブレイク!
そして、そのバーンズから始まるハイピック&ロールからマロイがゴール下で空き、しっかり沈める。
会場はテンションが最高潮に!

このまま2Qが終了して、36-39と3点差までビーコルが詰め寄った。


  1    2  

→パスワードを忘れた、または未設定の方はこちら





ページトップへ