霧が丘高校 男子

神奈川県

活動日誌

ベスト16
2020/01/15

 昨日ミーティングを行い、改めてベスト16に入る事を目標としました。

2年生にとっては残り2大会。4月の関東大会予選と5月のインターハイ予選です。

次の大会までは約3か月です。その間、高校入試が入り期末試験が入ります。

チームで練習できる時間は実際よりも短いと認識して下さい。



新人戦は終わりましたが、2年生は『去年の新人戦の自分』と『1年後の今の自分』、何か変化があったでしょうか。

どんなスキルが身につき、何が出来る様になりましたか?この一年でどれだけ個人スキルを身につけましたか?

市ヶ尾のセンターのような、1対1のスキルがある選手が、霧が丘に何人いますか?



ゲームをコントロールし、逆境におかれても、試合を取ってきてくれる寛太郎はいません。

絶対に崩れる事なく、シュートを決め切り、チームの要になるMAXはいません。

リバウンドに3ptに1対1に、全てに絡む凌はいません。

その役目を果たすのは、2年生のはずですよ。誰がこの役割を果たしましたか?それらを担う選手になっているのでしょうか。

正直、2年生の個人スキルが圧倒的に足りないです。



チーム練習はチーム力アップのために練習しています。

連携プレーやバスケットの共通理解、チームとしての約束事・戦術などです。

練習をこなしていれば勝てるわけではありません。

霧が丘に入れば上手くなる・強くなるのではありません。

練習をする中で、自分に必要な個人スキルを考え、習得するんです。

ポジションや体格が皆違うように、一人一人、身につけるべき個人スキルは違うので、自身で見つけ、身につけるんです。そうやって個人が高まるから、チーム力が上がるのです。チーム力が高まるから試合で勝てるのです。



今の霧が丘は

戦術を教えても『覚えられない』

戦術を発展させる『思考力がない』

自分が決めきる『自信がない』

何より、戦術を活用する『スキルがない』

これらをこの3ヶ月で変えなければなりません。

過ぎた時間は戻りませんので、これからの1日の過ごし方を変化させてください。

2年生はカウントダウンが始まっています。

ここからは後悔しないような過ごし方をしてください。



1年生は、来年の今頃は『どうやってベスト8に入るか』というミーティングをしましょう‼︎

現時点では、試合に出た人、ベンチに入れた人、応援席にいた人、立場は皆違います。

今の自分と1年後の自分に大きな変化があり、『どのような選手なっていたいか』を、強くイメージして下さい。

具体的な目標を立て、逆算して計画(月ごとの到達目標)を立て、毎月課題をクリアして行って下さい。

その積み重ねが、4月の関東予選、5月のインハイ予選でチームの力になるはずです。



全員が今までと同じ行動をとっていては結果も変わりません。

本当にベスト16に入る気持ちがあるのであれば、行動を変えてください。

言葉では何度も何度も『変わる』『覚悟を決めた』という事を耳にしてきましたが、行動で示してください。

勝たないと見えない景色があります。一緒に頑張りましょう。

 

+メニュー




ページトップへ