1382_ext_04_0.png

bnr_basket-plus.jpg

トーナメント表(ファイルダウンロード)
試合詳細
試合日 2017年8月1日(火)
開始時刻 15:40
会場 あづま総合体育館
帝京長岡 男子
87
  • 18 - 15
  • 12 - 12
  • 13 - 17
  • 17 - 16
  • 8 - 8
  • 3 - 3
  • 11 - 11
  • 5 - 7
89
福岡大学附属大濠 男子

帝京長岡 男子

No. 選手名 GS PTS 3P 2P DK FT RBD AST STL BLK TO PF TF FO DQ MIN
M-A % M-A % M-A % OR DR TOT
4 五十嵐 平 5 1-4 25 1-5 20 0 0-0 0 1 5 6 3 4 0 2 2 0 0 51:53
5 平櫛 瑞己   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
6 小林 大幹 22 6-20 30 1-2 50 0 2-4 50 0 4 4 1 2 0 0 1 0 0 56:05
7 池田 大雅 17 0-2 0 7-22 31 0 3-4 75 2 3 5 1 2 1 3 2 0 0 60:00
8 祝 俊成 14 0-5 0 5-15 33 0 4-7 57 0 3 3 7 0 0 1 3 0 0 55:50
9 佐野 翔太   8 1-1 100 2-5 40 0 1-2 50 2 1 3 2 0 0 0 0 0 0 12:02
10 神田 龍一   0 0-2 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 2 0 0 0 1 0 0 4:10
11 橋本 慎之介   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
12 関矢 透弥   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
13 清水 聖也   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
14 TIRERA TAHIROU   2 0-0 0 1-1 100 0 0-0 0 0 4 4 0 2 0 1 5 0 1 11:58
15 BULA GULORIDA 19 0-0 0 6-12 50 0 7-11 63 9 15 24 0 1 0 2 4 0 0 48:02
  Team/Coaches   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 4 7 11 0 0 0 1 0 0 0 DNP
  TOTALS   87 8-34 23 23-62 37 0 17-28 60 18 42 60 16 11 1 10 18 0 0 1 300:00

福岡大学附属大濠 男子

No. 選手名 GS PTS 3P 2P DK FT RBD AST STL BLK TO PF TF FO DQ MIN
M-A % M-A % M-A % OR DR TOT
4 永野 聖汰 13 0-3 0 5-7 71 0 3-3 100 1 3 4 1 1 0 3 5 0 1 43:08
5 上塚 亮河   2 0-3 0 1-2 50 0 0-0 0 1 2 3 1 0 0 1 3 0 0 29:33
6 川島 聖那   6 1-2 50 1-6 16 0 1-2 50 3 2 5 0 0 0 1 3 0 0 14:28
7 浅井 修伍   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
8 中崎 圭斗 3 1-1 100 0-2 0 0 0-0 0 2 12 14 3 1 0 3 1 0 0 47:52
9 藤井 宏治   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:09
10 山本 草大   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
11 西田 公陽   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
12 土家 大輝   1 0-2 0 0-2 0 0 1-2 50 1 2 3 0 0 0 1 3 0 0 0:04
13 中田 嵩基 18 4-12 33 3-6 50 0 0-0 0 0 3 3 1 0 0 3 5 0 1 51:51
14 横地 聖真 27 3-5 60 8-18 44 0 2-2 100 2 10 12 3 1 3 0 4 0 0 53:04
15 井上 宗一郎 19 0-0 0 7-21 33 0 5-8 62 4 8 12 0 0 1 2 3 0 0 58:51
  Team/Coaches   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 1 7 8 0 0 0 2 0 0 0 DNP
  TOTALS   89 9-28 32 25-64 39 0 12-17 70 15 49 64 9 3 4 16 27 0 0 2 300:00



No:背番号 PTS:得点 AVG:1試合平均得点 M:成功数 A:試投数 %:成功率 2P:2ポイントシュート 3P:3ポイントシュート DK:ダンク  FT:フリースロー RBD:リバウンド OR:オフェンスリバウンド DR:ディフェンスリバウンド TOT:合計 AST:アシスト STL:スティール BLK:ブロックショット TO:ターンオーバー PF:パーソナルファウル、クリア・パス・ファウル、アウェイ・フロム・ザ・プレイ・ファウル、フレグラントファウル、パンチングファウルの合計 TF:テクニカル・ファウル FO : ファールオン DQ:退場回数 MIN:試合出場時間

戦評
 第1P、両チームともにハーフコートマンツーマンでスタート。帝京長岡#8が鋭いドライブで先制点を奪い、一気にリズムに乗り11対2で福岡大大濠がタイムアウトをよぎなくされる。しかし徐々に落ち着きを取り戻した福岡大大濠は#14が4連続得点と、果敢に攻め18対15で帝京長岡が僅かにリードで終了。
 第2P、激しい攻防の中、一進一退の状況が続く。福岡大大濠がディフェンスを1-2-1-1ゾーンプレスからの2-3ゾーンに切り替える。意地のぶつかり合いでお互いに一歩も譲らず、30対27で帝京長岡がリードをキープしたまま前半終了。
 第3P、福岡大大濠は変わらず2-3ゾーンでペイント内を堅く守る。帝京長岡も体を張ったマンツーマンディフェンスで激しく守り続ける。残り2分、帝京長岡が連続得点で3点リードを奪い福岡大大濠がタイムアウト。悪い流れを断ち切ろうとするが帝京長岡#9の2Pシュートが決まる。しかしその直後に福岡大大濠#13の3P、そして#14の3Pブザービーターが決まり43対44で福岡大大濠が1点リードで第4Pを迎える。
 第4P、福岡大大濠#14のジャンプシュート、#4のレイアップが決まり、さらにカウントファールをもらう。このフリースローを確実に決め勢いに乗った福岡大大濠が一気に43対54と本試合初めて11点のリードを奪い帝京長岡がたまらずタイムアウト。その後も福岡大大濠の勢いは衰えを見せず、残り6分、43対58で再度帝京長岡が後半3度目のタイムアウト。タイムアウト後、帝京長岡はオールコートマンツーマンディフェンスで果敢にボールを奪いに行く。そして残り14秒で60対60の同点になりオーバータイムへ突入。
 第1オーバータイム、両チームともチームファウルは5つの状況の中積極的にボールを奪いに行く。フリースローを決めて帝京長岡が3点リードで終わりを迎えようとした最後の瞬間、福岡大大濠#14がこの場面で本試合2度目の3Pブザービータ―を決め68対68、2回目のオーバータイムに突入。
 第2オーバータイム、序盤に帝京長岡がフリースローを2回もらうも、1本しか決まらない。そんな中帝京長岡#8が残り1分25秒でジャンプシュートを決め3点リードで福岡大大濠がタイムアウト。しかしその直後にまたも福岡大大濠#14が3Pを決め71対71で同点となり第3オーバータイムに突入。
 第3オーバータイム、福岡大大濠のエース#13が3Pを含む3連続得点で73対78で5点リードし帝京長岡がタイムアウト。帝京長岡#15がファウルをもらいフリースロー2本を沈める。その直後に福岡大大濠#13がチャージングを犯し痛恨の個人ファウル5つ目で退場。リードを守ろうとする福岡大大濠だがまた帝京長岡にフリースローを与えてしまう。残り14秒で帝京長岡#7がスティールに成功しレイアップシュートにいく。ここでファウルを受けるがそれがアンスポーツマンライクファウルのコールとなる。フリースローを沈めて同点となり82対82で4度目のオーバータイムに突入。 
 第4オーバータイム、まずは帝京長岡#15がフリースローを2本決め、84対82で2点リード。一方、福岡大大濠は#15がフリースロー1本、#6が3Pを決め84対86で2点リード。対する帝京長岡は、#15がフリースロー1本、#4がジャンプシュートを沈め、87対86と1点リード。残り1分で福岡大大濠#15がゴール下のシュートを決め87対88で逆転。帝京長岡はここでタイムアウトをとった。しかし帝京長岡のオフェンスは機能せず、逆に福岡大大濠#15がフリースロー1本を決め87対89で2点リード。福岡大大濠がこの2点を守りきり試合終了となり歴史に残る試合の大勝利をおさめ決勝への切符を勝ち取った。

文責:浦山 英介

  • 主審
    片寄達
  • 副審
    北島寛臣
  • 副審
    漆間大吾
  • 副審
  • スコアラー
    福島東高校
  • サブスコア担当者




ページトップへ