試合詳細
試合日 2019年6月9日(日)
開始時刻 13:00
会場 【Bブロック】池の川さくらアリーナ
佼成学園女子高等学校
86
  • 26 - 11
  • 13 - 25
  • 26 - 17
  • 10 - 22
  • 4 - 4
  • 7 - 6
85
白鷗大学足利高等学校

佼成学園女子高等学校

No. 選手名 GS PTS 3P 2P DK FT RBD AST STL BLK TO PF TF FO DFL DQ MIN
M-A % M-A % M-A % OR DR TOT
4 西堀  夏緒 34 2-8 25 12-33 36 0 4-6 66 5 10 15 3 3 2 4 5 0 0 0 1 51:21
5 橋本  亜磨   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
6 中山  綺恵   5 0-1 0 1-2 50 0 3-4 75 1 1 2 0 2 0 1 0 0 0 0 0 18:21
7 川端  真白 6 1-6 16 1-5 20 0 1-2 50 3 0 3 1 0 0 3 4 0 0 0 0 30:18
8 佐藤  レイナ 22 0-0 0 10-19 52 0 2-2 100 7 5 12 1 0 1 1 5 0 0 0 1 36:05
9 多田   理夏 5 1-5 20 1-6 16 0 0-0 0 0 7 7 2 1 0 3 0 0 0 0 0 50:00
10 島田   真希   2 0-0 0 1-4 25 0 0-0 0 3 3 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 13:55
11 勝海   晴花   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
12 小出  ほのか   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
13 神宮   雛乃   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
14 小林  花菜子   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
15 清水   芽衣 12 0-0 0 4-7 57 0 4-6 66 10 14 24 0 0 0 0 3 0 0 0 0 50:00
16 栗田  圭子   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
17 佐藤   夢   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
18 長岡   菜果   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
  Team/Coaches   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 DNP
  TOTALS   86 4-20 20 30-76 39 0 14-20 70 29 40 69 7 6 3 15 17 0 0 0 2 250:00

白鷗大学足利高等学校

No. 選手名 GS PTS 3P 2P DK FT RBD AST STL BLK TO PF TF FO DFL DQ MIN
M-A % M-A % M-A % OR DR TOT
4 根本   陽奈 0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 2 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0 5:14
5 細谷  蓮   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
6 藤澤   愛香   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
7 大垣  なずな   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
9 鈴木   仁菜   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
10 池澤   珠悠   8 1-3 33 2-4 50 0 1-1 100 2 2 4 1 3 0 2 4 0 0 0 0 28:19
21 江原   彩華   12 0-0 0 4-10 40 0 4-5 80 5 8 13 1 0 1 2 3 0 0 0 0 34:40
25 助川   弥音 23 3-16 18 7-12 58 0 0-0 0 2 0 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 30:23
33 山下   香澄   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
35 岡田   真琴   12 1-4 25 4-6 66 0 1-2 50 1 2 3 0 0 1 0 2 0 0 0 0 16:48
48 茂垣   美桜 2 0-0 0 1-6 16 0 0-0 0 2 0 2 0 1 0 1 0 0 0 0 0 11:15
63 丸山   陽加   2 0-1 0 1-5 20 0 0-0 0 5 2 7 1 0 0 0 2 0 0 0 0 33:47
71 小川   玲亜 10 0-2 0 5-10 50 0 0-2 0 2 7 9 5 2 1 3 4 0 0 0 0 50:00
82 清水  絢 16 0-0 0 7-23 30 0 2-4 50 0 2 2 0 0 0 0 4 0 0 0 0 38:09
83 神山   南帆   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1:24
  Team/Coaches   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 DNP
  TOTALS   85 5-26 19 31-76 40 0 8-14 57 19 25 44 8 6 3 11 21 0 0 0 0 249:59



No:背番号 PTS:得点 AVG:1試合平均得点 M:成功数 A:試投数 %:成功率 2P:2ポイントシュート 3P:3ポイントシュート DK:ダンク  FT:フリースロー RBD:リバウンド OR:オフェンスリバウンド DR:ディフェンスリバウンド TOT:合計 AST:アシスト STL:スティール BLK:ブロックショット TO:ターンオーバー PF:パーソナルファウル、クリア・パス・ファウル、アウェイ・フロム・ザ・プレイ・ファウル、フレグラントファウル、パンチングファウルの合計 TF:テクニカル・ファウル FO : ファウルオン DFL:ディフレクション DQ:退場回数 MIN:試合出場時間

戦評
Bブロック決勝,佼成学園女子(以下,佼成)対白鷗大学足利(以下,白鷗)の一戦。第1Q,両チームともマンツーマンでスタート。佼成は#4の1対1を中心に,#15,#8のインサイド陣がリバウンドで奮闘する。一方,白鷗はなかなかリズムを掴めず,開始5分で請求したタイムアウトウト明け佼成にハーフコートの2-1-2のゾーンを仕掛けられ,#4にスティールから速攻を許してしまう。オールコートのゾーンプレスを仕掛けるもリズムは変えられず,26-11,佼成リードで第1Q終了。
第2Q,このまま佼成が差を広げるかに思えたが,白鷗はインターバルでディフェンスを修正し,佼成#4,#8,#15に仕事をさせない。ディフェンスからリズムを掴んだ白鷗は,#21のバスケットカウントで流れを引き寄せる。さらに白鷗は#35の外角のシュート,#10の3Pと得点を伸ばしていく。佼成も負けじと#4が奮闘するも,このQ13点しか取れず39-36で第2Q終了。
第3Q,一進一退の攻防が続く中,先にリズムを掴んだのは佼成。#4が3Pを沈めると,1-2-1-1のゾーンプレスからスティールし再び速攻で得点をあげる。白鷗も#71がドライブインと応戦するも,佼成#8がゴール下で踏ん張り65-53で第3Q終了。
第4Q,意地を見せる白鷗は#35が外角のシュートを沈めると,#25が3P,レイアップと再び追い上げを図る。佼成も#15がリバウンドを頑張るものの,白鷗が連続得点から,ついに#71の速攻で逆転に成功。この流れで逃げ切りたい白鷗であったが,佼成#4がキャプテンとしてのプライドを見せ,同点に持ち込む。しかし,白鷗も慌てずに#25がジャンプシュートで再度リードする。残り14.5秒73-75,佼成タイムアウト。リスタート後,またも佼成#4が意地のドライブを見せ,同点としてオーバータイムへ。
オーバータイムは,佼成ボールでスタート。先制したのは白鷗。#71が速攻で得点を決める。しかし,佼成#4の気迫のこもったプレーでフリースローをもらう。これをきっちり2本沈め,再び同点。さらに,佼成#4はジャンプシュートを決め,逆転に成功。これで決着と思われたが,白鷗#10がドライブインで再び同点に追いつき,ダブルオーバータイムに突入。
ダブルオーバータイムは,白鷗ボールでスタート。#21がドライブを仕掛け,ファウルをもらう。フリースローを1本沈め,79-80とリード。佼成は次のオフェンスを成功できず,再び白鷗が佼成のゴールにアタックする。決まれば優勝が近付く中,佼成#4がスティールから速攻を決め,再度逆転する。この速攻を機に勢いに乗るかに思われたが,逆に白鷗が#21,#82の連続得点とリードを3点に広げる。しかし,引き下がらない佼成。フリースローをもらった#4が2本,#15が1本沈め,再び同点。逆転に次ぐ逆転の中,勝負を決めたのはやはり佼成#4であった。ドライブからの苦しい体勢で放たれたシュートが綺麗にゴールに吸い込まれた。86-84と逆転に成功。このシュートが決勝点となり,佼成がBブロックの優勝を飾った。2度の延長にもつれ込む,まさしく決勝戦にふさわしい一戦であった。

文責:笠倉 真一郎

  • 主審
    星野 由貴
  • 副審
    大野 太裕
  • 副審
    二宮 隆二
  • 副審
  • スコアラー
    多賀高校
  • サブスコア担当者




ページトップへ