試合詳細
試合日 2019年6月7日(金)
開始時刻 15:50
会場 エディオンアリーナ大阪
関西学院大学
70
  • 19 - 22
  • 15 - 19
  • 21 - 16
  • 15 - 18
75
新潟経営大学

関西学院大学

No. 選手名 GS PTS 3P 2P DK FT RBD AST STL BLK TO PF TF FO DFL DQ MIN
M-A % M-A % M-A % OR DR TOT
2 森山 湧斗   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 1 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 2:58
6 松本 俊典   0 0-0 0 0-2 0 0 0-0 0 1 1 2 0 0 0 0 5 0 0 0 1 20:22
7 横川 真那斗 13 3-9 33 1-1 100 0 2-6 33 1 0 1 1 0 0 1 1 0 0 0 0 37:02
8 米田 梨央   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
10 松村 海一   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
11 小西 聖也 16 0-1 0 6-19 31 0 4-5 80 2 10 12 7 1 0 1 6 0 0 0 0 36:24
12 岸本 大輝   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
13 古家 凜 10 1-8 12 2-6 33 0 3-4 75 1 0 1 1 1 0 0 2 0 0 0 0 38:33
17 坂田 樹   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
18 古谷 太一   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
19 吉田 竜丸   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
24 小西 恭平   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:37
33 坂本 龍平 0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0 0 0 7:00
50 坂本 拓馬 27 4-8 50 7-11 63 0 1-2 50 1 4 5 1 0 0 3 3 0 0 0 0 36:28
71 下馬場 柊   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
73 岡崎 航平   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
91 川田 大起   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 1 0 0 2 0 0 0 0 5:03
97 宮内 聖人   4 0-0 0 1-3 33 0 2-3 66 0 1 1 0 0 0 0 3 0 0 0 0 15:33
  Team/Coaches   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
  TOTALS   70 8-26 30 17-42 40 0 12-20 60 7 16 23 11 3 0 5 25 0 0 0 1 200:00

新潟経営大学

No. 選手名 GS PTS 3P 2P DK FT RBD AST STL BLK TO PF TF FO DFL DQ MIN
M-A % M-A % M-A % OR DR TOT
3 山崎 玲緒 10 1-5 20 3-5 60 0 1-2 50 1 2 3 1 0 0 2 4 0 0 0 0 26:35
5 堀内 優   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2:01
6 井上 凌 11 0-1 0 3-6 50 0 5-5 100 4 4 8 4 1 0 4 4 0 0 0 0 40:00
11 桂澤 拳斗   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
12 横山 佑樹 5 0-3 0 2-2 100 0 1-2 50 2 5 7 0 0 2 2 2 0 0 0 0 24:31
13 棚橋 恒介   4 0-0 0 2-4 50 0 0-0 0 1 2 3 1 2 0 1 2 0 0 0 0 22:25
15 名倉 慎之介   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
21 佐伯 大全   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
24 齊藤 幹大   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
27 明坂 龍史   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
31 笹井 幹太   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
32 八重樫 響生   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
42 平田 迅   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
57 髙嶋 寿剛   19 1-1 100 7-10 70 0 2-2 100 2 3 5 0 0 0 0 3 0 0 0 0 24:27
72 葉山 大誠   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
77 宇田川 凌汰   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
82 関屋 風画 22 0-2 0 6-9 66 0 10-16 62 2 7 9 0 0 0 0 3 0 0 0 0 33:59
90 干場 正介 4 0-0 0 2-4 50 0 0-0 0 0 2 2 1 0 0 3 1 0 0 0 0 26:01
  Team/Coaches   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
  TOTALS   75 2-12 16 25-40 62 0 19-27 70 12 25 37 7 3 2 12 19 0 0 0 0 199:59



No:背番号 PTS:得点 AVG:1試合平均得点 M:成功数 A:試投数 %:成功率 2P:2ポイントシュート 3P:3ポイントシュート DK:ダンク  FT:フリースロー RBD:リバウンド OR:オフェンスリバウンド DR:ディフェンスリバウンド TOT:合計 AST:アシスト STL:スティール BLK:ブロックショット TO:ターンオーバー PF:パーソナルファウル、クリア・パス・ファウル、アウェイ・フロム・ザ・プレイ・ファウル、フレグラントファウル、パンチングファウルの合計 TF:テクニカル・ファウル FO : ファウルオン DFL:ディフレクション DQ:退場回数 MIN:試合出場時間

戦評
【総括】
男子第69回西日本学生バスケットボール選手権大会準々決勝は近年、上位に名を連ねるもベスト4進出が叶っていない関西学院大学と新潟経営大学の対戦となった。両者とも一歩も譲らない展開であったが、新経大は序盤からフィジカルを活かしたオフェンスで関学大のファールを誘発させ、リードを奪い続けた。関学大は追い上げを試みるも前半からのファールトラブルが仇となり、逆転することはかなわなかった。チーム一丸となりアグレッシブに攻め続けた新経大が、70-75で関学大を下し今大会ベスト4進出を遂げた。

【第1クォーター】
先制点を取ったのは新経大。#82関屋がフィジカルを活かしたドライブでシュートをねじ込み、関学大のファールを誘発する。一方、関学大は、#50坂本の個人技が光る。ドライブ、ポストアップからのフェイダーウェイジャンパー、外角の3Pシュートと的を絞らせないオフェンスで、第1クォーターのみで10得点を挙げ、新経大に対抗する。両者一歩も譲らない展開を繰り広げどちらが主導権を握るか分からない。新経大は、#82関屋、#6井上のドライブを起点にゲームを展開し、リードを保ち続けたが、点差が大きく開くことはなく、19-22の新経大が3点リードで第1クォーターを終了した。

【第2クォーター】
新経大#6井上が巧みなステップワークで立て続けに得点、アシストをマークする。#6井上に感化されたように新経大全体の積極性が増す。#57髙嶋は途中出場ながら粘り強くリバウンドに飛び込むいぶし銀の活躍を魅せ、#82関屋はドライブを警戒した関学大を逆手に取るようなジャンパーで得点を重ねる。ディフェンスから流れを作りたい関学大だが、新経大のフィジカルを活かしたオフェンスにファウルが嵩み思うようなプレーができなかった。オフェンスでもセットプレーが上手く機能せず#11小西、#50坂本の個人技に頼る場面が多く見えた。関学大にとって苦しい展開が続き、34-41の新経大がリードを7点に広げ前半を折り返した。

【第3クォーター】
前半に引き続き関学大にとって苦しい展開が続く。関学大はチームとして中々シュート確率が上がらない中、オールコートから新経大がプレッシャーをかける。#11小西、#50坂本が個人技で得点を重ね、厳しい時間を耐え、遂に関学の持ち味であるファーストブレイクが生まれ#7横川の3Pシュート、#13古家のシュートで同点に追いついた。対する新経大は前半と変わらず#3山崎、#82関屋のドライブを中心に得点を重ね、関学大にリードを奪わせまいと奮闘する。第3クォーター序盤とは打って変わって関学大に流れが傾いたような展開で、55-57の新経大が2点リードで第3クォーターを終了した。

【第4クォーター】
ファールが嵩む関学大はゾーンディフェンスで心機一転を図る。しかしながら、新経大はゾーンディフェンスを切崩し、#3山崎が3Pシュートを2本連続で沈め、点差を一気に8点まで広げた。再度点差は開いたものの、関学大は#50坂本の3Pシュート、#11小西のバスケットカウントで即座に点差を2点に戻した。そして、そこからは硬直状態が続いたが、終盤に新経大#6井上のスティールで流れを持ち込んだ。粘り強く最後まで喰らいつき、後半に追い上げを見せた関学大だが、前半のファウルトラブルが仇となり、逆転をすることができなかった。チーム一丸となりアグレッシブに攻め続けた新経大が、70-75で関学大を下し今大会ベスト4進出を遂げた。

文責:角田 啓輔 (西日本委員)

  • 主審
  • 副審
  • 副審
  • 副審
  • スコアラー
  • サブスコア担当者




ページトップへ