試合詳細
試合日 2019年6月7日(金)
開始時刻 17:30
会場 エディオンアリーナ大阪
大阪学院大学
65
  • 25 - 28
  • 15 - 16
  • 14 - 21
  • 11 - 18
83
京都産業大学

大阪学院大学

No. 選手名 GS PTS 3P 2P DK FT RBD AST STL BLK TO PF TF FO DFL DQ MIN
M-A % M-A % M-A % OR DR TOT
0 工藤 啓介 2 0-0 0 1-4 25 0 0-2 0 0 4 4 3 1 0 0 2 0 0 0 0 19:56
4 成合 貴博   0 0-3 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 2 0 0 0 1 0 0 0 0 8:00
6 山下 寛太 5 1-9 11 1-2 50 0 0-0 0 1 3 4 1 0 0 1 1 0 0 0 0 31:01
8 吉井 裕鷹 22 2-5 40 7-10 70 0 2-3 66 0 6 6 4 0 1 1 2 0 0 0 0 39:36
9 儀間 晴多   1 0-0 0 0-0 0 0 1-1 100 1 0 1 0 1 0 1 0 0 0 0 0 4:55
12 永野 智久   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
14 安田 蓮平   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
18 18 プレイヤー18   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
20 橋口 郷   2 0-0 0 1-2 50 0 0-0 0 0 1 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 8:45
30 金田 龍弥   3 0-0 0 1-1 100 0 1-3 33 2 4 6 0 0 1 0 0 0 0 0 0 18:30
32 藤田 拓也   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
35 谷口 夏樹   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
36 小坂 悠太   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
43 都築 寛太 18 0-1 0 9-13 69 0 0-0 0 3 4 7 0 0 0 1 3 0 0 0 0 32:17
55 後藤 寛史   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
56 勝山 智久   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
71 小川  真興 12 0-8 0 6-11 54 0 0-0 0 0 3 3 1 3 0 3 1 0 0 0 0 37:00
  Team/Coaches   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
  TOTALS   65 3-26 11 26-43 60 0 4-9 44 7 25 32 11 5 2 7 11 0 0 0 0 200:00

京都産業大学

No. 選手名 GS PTS 3P 2P DK FT RBD AST STL BLK TO PF TF FO DFL DQ MIN
M-A % M-A % M-A % OR DR TOT
2 常清 哲也   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
3 納土 修汰   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2:28
6 永山 快   6 2-6 33 0-1 0 0 0-0 0 0 1 1 0 1 0 0 0 0 0 0 0 8:38
10 上田 隼輔   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
11 奥田 大士   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
14 川口 廉人   2 0-1 0 1-1 100 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:39
16 川尻 政宏   2 0-0 0 1-2 50 0 0-0 0 0 1 1 0 0 0 0 2 0 0 0 0 11:51
20 森本 泰雅   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4:32
22 武原 涼汰   0 0-3 0 0-1 0 0 0-0 0 0 2 2 0 0 0 0 2 0 0 0 0 8:11
23 サンブ アンドレ 12 0-0 0 6-11 54 0 0-0 0 5 14 19 1 0 0 3 2 0 0 0 0 31:41
24 大庭 岳輝 9 1-7 14 3-6 50 0 0-0 0 2 3 5 2 0 0 1 2 0 0 0 0 30:17
25 田中 壱歩 19 3-9 33 5-7 71 0 0-0 0 1 0 1 4 1 0 0 1 0 0 0 0 32:50
27 浅野 龍悟   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
29 藤本 星哉   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
35 横山 恵斗   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
38 リンダ― ライアン雅輝 18 2-4 50 3-4 75 0 6-7 85 7 2 9 5 1 1 0 2 0 0 0 0 36:28
55 田中 亮   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
90 北條 海樹 15 1-7 14 6-7 85 0 0-0 0 0 2 2 4 1 1 3 1 0 0 0 0 31:24
  Team/Coaches   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
  TOTALS   83 9-37 24 25-40 62 0 6-7 85 15 26 41 16 4 2 7 12 0 0 0 0 199:59



No:背番号 PTS:得点 AVG:1試合平均得点 M:成功数 A:試投数 %:成功率 2P:2ポイントシュート 3P:3ポイントシュート DK:ダンク  FT:フリースロー RBD:リバウンド OR:オフェンスリバウンド DR:ディフェンスリバウンド TOT:合計 AST:アシスト STL:スティール BLK:ブロックショット TO:ターンオーバー PF:パーソナルファウル、クリア・パス・ファウル、アウェイ・フロム・ザ・プレイ・ファウル、フレグラントファウル、パンチングファウルの合計 TF:テクニカル・ファウル FO : ファウルオン DFL:ディフレクション DQ:退場回数 MIN:試合出場時間

戦評
【総括】
 昨年、決勝で近畿大学に接戦の末敗北。リベンジを誓い負けることのできない京都産業大学と関西選手権で京産大に敗れ、これまたリベンジに燃える大阪学院大学との一戦。前半、京産大が主導権を握ったようにみえたが、学院大の個人技が光り点差が詰まっていく。さらには、第1クォーター終了間際に学院大#8吉井がバックコートから放ったボールがリングに吸い込まれ会場が盛り上がる。そのまま前半は互角の戦いをみせる。試合が動いたのは第4クォーター。学院大の#6山下が早々に3Pシュートを決め勢いに乗ろうとするも、そこから外角のシュートが思うように入らず京産大に一気に点差をつけられてしまう。学院大はタイムアウトを要求するも、京産大が点差を考えて落ち着いたプレーでゲームを組み立てはじめ、学院大は追いつこうにも追いつけない。結局、そのままゲームをコントロールした京産大が安定した強さを見せつけベスト4へと駒を進めた。

【第1クォーター】
 京産大ボールでゲームが始まる。両者共に得点を重ねるが、主導権を握ったのは京産大。#38リンダー、#24大庭の3Pシュートや#23サンブのゴール下のディフェンスにより学院大は苦しい展開となる。このまま離されてはいけない学院大は#8吉井や#71小川の個人技でなんとかチームを繋ぐ。しかし、終盤、学院大の流れがおとずれる。ブレイクが連続して決まり、さらには、終了間際に学院大#8吉井が放ったハーフコート付近のロングシュートが決まり、25-28京産大リードで終える。

【第2クォーター】
 第1クォーター同様にお互いに得点を積み上げていく。京産大は#6永山の3Pシュート、学院大も#8吉井の3Pシュートなどで点を取り続ける。両チームともタイムアウトをとるが、流れが大きく変わることなく試合は進んでいく。京産大は#25田中が小気味良くシュートを沈めていくが、学院大も#71小川を中心にスコアを動かしていく。そのまま大きく試合が動くことなく44-40京産大リードで試合を折り返す。

【第3クォーター】
 後半開始早々に学院大がゾーンディフェンスを仕掛ける。しかし、京産大は#25田中、#90北条の2連続3Pシュートで点差を拡げる。だが、学院大も#43都築のフックシュートや#71小川のミドルシュートなどで点差を縮める。このまま終えるかと思われたが、京産大が#25田中、#6永山が正確にシュートを沈め点差はまた二桁に。そのまま65-54京産大リードで最終クォーターに進む。

【第4クォーター】
点差を詰めたい学院大は、#6山下の3Pシュートが決まり勢いにのろうとチームで盛り上げる。しかし、学院大は外角のシュートがリングに嫌われる。逆に京産大はブレイクを成功させ、学院大たまらずタイムアウトを請求。タイムアウト後、学院大#43都築が執念でゴール下を決め、今度は京産大がタイムアウト。京産大は20点台に開いた点差を考え落ち着いてゲームを組み立てる。結局、最後に京産大がゲームをコントロールし83-65で勝利した。

文責:大島剣真(西日本委員)

  • 主審
  • 副審
  • 副審
  • 副審
  • スコアラー
  • サブスコア担当者




ページトップへ