試合詳細
試合日 2019年6月8日(土)
開始時刻 14:20
会場 エディオンアリーナ大阪
新潟経営大学
57
  • 8 - 22
  • 11 - 24
  • 11 - 17
  • 27 - 13
76
京都産業大学

新潟経営大学

No. 選手名 GS PTS 3P 2P DK FT RBD AST STL BLK TO PF TF FO DFL DQ MIN
M-A % M-A % M-A % OR DR TOT
3 山崎 玲緒 8 2-8 25 1-4 25 0 0-0 0 0 1 1 1 1 0 4 4 0 0 0 0 30:42
5 堀内 優   17 5-8 62 1-1 100 0 0-0 0 0 1 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 15:15
6 井上 凌 11 1-3 33 4-9 44 0 0-0 0 2 4 6 1 0 0 0 3 0 0 0 0 33:15
11 桂澤 拳斗   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
12 横山 佑樹 4 0-0 0 2-3 66 0 0-0 0 2 4 6 2 0 2 0 1 0 0 0 0 20:05
13 棚橋 恒介   6 0-1 0 2-4 50 0 2-2 100 0 3 3 1 1 0 1 1 0 0 0 0 18:36
15 名倉 慎之介   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
21 佐伯 大全   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
24 齊藤 幹大   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
27 明坂 龍史   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
31 笹井 幹太   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
32 八重樫 響生   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
42 平田 迅   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
57 髙嶋 寿剛   4 0-3 0 2-5 40 0 0-0 0 0 2 2 4 0 0 1 3 0 0 0 0 22:32
72 葉山 大誠   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
77 宇田川 凌汰   4 0-0 0 2-3 66 0 0-0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 8:15
82 関屋 風画 3 0-1 0 1-7 14 0 1-4 25 1 3 4 1 0 0 2 1 0 0 0 0 31:45
90 干場 正介 0 0-1 0 0-2 0 0 0-0 0 0 1 1 2 1 0 0 0 0 0 0 0 19:33
  Team/Coaches   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
  TOTALS   57 8-25 32 15-38 39 0 3-6 50 5 19 24 13 3 2 8 15 0 0 0 0 199:58

京都産業大学

No. 選手名 GS PTS 3P 2P DK FT RBD AST STL BLK TO PF TF FO DFL DQ MIN
M-A % M-A % M-A % OR DR TOT
2 常清 哲也   0 0-2 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 4:43
3 納土 修汰   7 1-2 50 2-3 66 0 0-0 0 0 1 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 7:35
6 永山 快   7 1-4 25 2-2 100 0 0-0 0 1 1 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 8:15
10 上田 隼輔   0 0-1 0 0-1 0 0 0-0 0 2 1 3 0 1 0 1 1 0 0 0 0 3:56
14 川口 廉人   0 0-2 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 5:41
16 川尻 政宏   0 0-0 0 0-2 0 0 0-0 0 1 0 1 0 1 0 0 2 0 0 0 0 10:54
20 森本 泰雅   0 0-0 0 0-2 0 0 0-0 0 1 1 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 11:06
22 武原 涼汰   4 0-1 0 2-5 40 0 0-0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 12:54
23 サンブ アンドレ 24 0-1 0 10-14 71 0 4-7 57 6 16 22 1 0 1 0 1 0 0 0 0 22:05
24 大庭 岳輝 8 2-5 40 1-4 25 0 0-1 0 0 0 0 2 0 1 0 0 0 0 0 0 20:14
25 田中 壱歩 3 1-4 25 0-0 0 0 0-0 0 0 1 1 2 0 0 1 2 0 0 0 0 23:13
27 浅野 龍悟   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4:15
29 藤本 星哉   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
35 横山 恵斗   4 0-1 0 2-5 40 0 0-0 0 2 0 2 2 0 0 1 0 0 0 0 0 15:58
38 リンダ― ライアン雅輝 4 0-1 0 2-3 66 0 0-0 0 3 4 7 0 0 2 0 2 0 0 0 0 24:02
55 田中 亮   4 0-0 0 1-1 100 0 2-2 100 0 2 2 0 1 0 1 1 0 0 0 0 7:01
90 北條 海樹 11 1-3 33 4-7 57 0 0-0 0 0 3 3 3 0 0 1 3 0 0 0 0 18:08
  Team/Coaches   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
  TOTALS   76 6-27 22 26-49 53 0 6-10 60 16 30 46 10 4 4 5 15 0 0 0 0 200:00



No:背番号 PTS:得点 AVG:1試合平均得点 M:成功数 A:試投数 %:成功率 2P:2ポイントシュート 3P:3ポイントシュート DK:ダンク  FT:フリースロー RBD:リバウンド OR:オフェンスリバウンド DR:ディフェンスリバウンド TOT:合計 AST:アシスト STL:スティール BLK:ブロックショット TO:ターンオーバー PF:パーソナルファウル、クリア・パス・ファウル、アウェイ・フロム・ザ・プレイ・ファウル、フレグラントファウル、パンチングファウルの合計 TF:テクニカル・ファウル FO : ファウルオン DFL:ディフレクション DQ:退場回数 MIN:試合出場時間

戦評
【総括】
 西日本大会準決勝。優勝候補筆頭の京都産業大学と北信越地方で唯一ベスト8入りした新潟経営大学との一戦。前半、主導権を握ったのは京産大。#23サンブを中心に得点を重ね一気に突き放す。対する新経大は京産大のの圧倒的な高さに攻守とも苦戦する状態が続く。新経大は突破口を見出そうとメンバーチェンジやタイムアウトを取るが、なかなか京産大の高さを攻略できずに確率の悪い外角シュートが目立つ。そして、点差は徐々に広がり前半京産大が大量リードする展開に。後半、後がない新経大は外角のシュート以外にゴール付近のシュートも増やし、バランスよく攻めリズムを作る。しかし、京産大は新経大の勢いを上回る安定感を見せ新経大を寄せ付けない。このまま試合は進み、終盤、新経大の外角のシュートが入りだしたが、前半についた差を覆すことが出来ず76-57で京産大が層の厚さを見せつけ決勝へと駒を進めた。

【第1クォーター】
京産大ボールで試合が始まる。両者共にマンツーマンディフェンスで静かな立ち上がりとなる。しかし、京産大は#24大庭の2連続3Pシュートを皮切りに勢いづき#23サンブ、#38リンダーらも得点を重ねていく。反対に新経大は、京産大の堅い守りを崩すことができず苦しい状態が続く。新経大は#12横山らの得点でなんとか繋ぐが終わってみれば22-8で京産大の大幅リードを許したまま終えてしまう。

【第2クォーター】
 点差を詰めなければならない新経大は#3山崎の3Pシュートなどで盛り上げるが、京産大は司令塔の#90北條が落ち着いて得点を挙げ、新経大を寄せ付けない。新経大はメンバーチェンジを行い流れを変えようと試みるが#23サンブの圧倒的な高さの前に確率の悪い外角のシュートを選ばざるを得ない。さらに、京産大はゴール下に果敢に攻め込み安定に得点を積み上げていく。新経大は#6井上の3Pシュートが決まるが、京産大の#6永山、#35横山、#3納土らが得点を挙げ、点差をさらに開き46-19京産大大量リードで試合を折り返す。

【第3クォーター】
後半開始早々に京産大は#90北條が3Pシュートを沈め安定した外角シュートを見せつける。しかし、新経大は外角のシュートを放つが前半同様にリングに嫌われてしまう。京産大はメンバーを何度か入れ替えるが、全員が満遍なく得点していき、層の厚さを感じさせる。新経大は#23サンブが交代した隙にゴール下に攻め込み得点を挙げるも点差を詰めるまでには至らず63-30京産大が安定したゲーム運びをし、最終クォーターに進む。

【第4クォーター】
 もう後がない新経大は、#5堀内の2連続3Pシュートや#13棚橋のペネトレイトで追い上げる。だが、京産大も落ち着いた攻めで新経大に流れを作らせない。そこからはお互いに得点を取り合い拮抗した展開となる。結局、そのまま新経大が少し点差を縮めたものの76-57で京産大が勝利した。

文責:大島剣真(西日本委員)

  • 主審
  • 副審
  • 副審
  • 副審
  • スコアラー
  • サブスコア担当者




ページトップへ