試合詳細
試合日 2019年6月9日(日)
開始時刻 16:00
会場 エディオンアリーナ大阪
近畿大学
83
  • 22 - 15
  • 19 - 17
  • 18 - 19
  • 24 - 22
73
京都産業大学

近畿大学

No. 選手名 GS PTS 3P 2P DK FT RBD AST STL BLK TO PF TF FO DFL DQ MIN
M-A % M-A % M-A % OR DR TOT
1 藤井  量斗   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
2 田中 勇樹   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
3 高岡  圭汰朗   0 0-0 0 0-1 0 0 0-0 0 1 0 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1:28
4 刀祢  海夢   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
5 鴻田  侃汰   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
8 五十嵐  正也   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 2 2 2 0 0 1 1 0 0 0 0 13:19
9 カロンジ  パトリック 15 0-0 0 7-16 43 0 1-2 50 9 13 22 4 0 0 3 4 0 0 0 0 39:06
13 渡辺   新  8 0-0 0 4-5 80 0 0-0 0 2 0 2 1 0 0 1 5 0 0 0 1 23:23
14 平尾  剣弥   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
15 山田  陸   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
18 小川  亮太   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
21 坂口  太一   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
23 能登  慎也   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
24 今村  拓夢 26 1-4 25 7-16 43 0 9-10 90 0 6 6 1 1 0 0 3 0 0 0 0 37:31
33 濱田  貴流馬 11 1-5 20 1-5 20 0 6-8 75 1 5 6 5 1 0 3 1 0 0 0 0 32:24
36 榎田  拓真 18 2-5 40 5-6 83 0 2-2 100 2 1 3 2 2 0 0 1 0 0 0 0 38:32
56 米澤 協平   5 1-4 25 1-1 100 0 0-0 0 1 1 2 0 0 0 1 3 0 0 0 0 13:22
93 大町 尭舜   0 0-0 0 0-1 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:54
  Team/Coaches   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 DNP
  TOTALS   83 5-18 27 25-51 49 0 18-22 81 16 28 44 15 4 0 10 19 0 0 0 1 199:59

京都産業大学

No. 選手名 GS PTS 3P 2P DK FT RBD AST STL BLK TO PF TF FO DFL DQ MIN
M-A % M-A % M-A % OR DR TOT
2 常清 哲也   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
3 納土 修汰   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
6 永山 快   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
10 上田 隼輔   4 0-0 0 2-3 66 0 0-0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 5:14
11 奥田 大士   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
14 川口 廉人   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
16 川尻 政宏   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
20 森本 泰雅   0 0-1 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0 0 0 7:38
22 武原 涼汰   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
23 サンブ アンドレ 14 0-0 0 6-11 54 0 2-5 40 5 8 13 0 0 0 3 3 0 0 0 0 40:00
24 大庭 岳輝 25 3-10 30 6-14 42 0 4-6 66 2 3 5 0 4 0 0 3 0 0 0 0 37:10
25 田中 壱歩 5 1-4 25 1-5 20 0 0-0 0 2 2 4 0 0 0 0 2 0 0 0 0 33:57
27 浅野 龍悟   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
29 藤本 星哉   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
35 横山 恵斗   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
38 リンダ― ライアン雅輝 7 0-4 0 3-5 60 0 1-2 50 5 5 10 5 2 0 2 3 0 0 0 0 40:00
55 田中 亮   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
90 北條 海樹 18 2-7 28 4-12 33 0 4-5 80 1 1 2 3 0 0 1 3 0 0 0 0 36:01
  Team/Coaches   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 DNP
  TOTALS   73 6-26 23 22-50 44 0 11-18 61 15 19 34 9 6 0 6 18 1 0 0 0 200:00



No:背番号 PTS:得点 AVG:1試合平均得点 M:成功数 A:試投数 %:成功率 2P:2ポイントシュート 3P:3ポイントシュート DK:ダンク  FT:フリースロー RBD:リバウンド OR:オフェンスリバウンド DR:ディフェンスリバウンド TOT:合計 AST:アシスト STL:スティール BLK:ブロックショット TO:ターンオーバー PF:パーソナルファウル、クリア・パス・ファウル、アウェイ・フロム・ザ・プレイ・ファウル、フレグラントファウル、パンチングファウルの合計 TF:テクニカル・ファウル FO : ファウルオン DFL:ディフレクション DQ:退場回数 MIN:試合出場時間

戦評
【総括】
 西日本大会最終日決勝は、昨年の王者近畿大学と昨年準優勝の京都産業大学という2年連続同カードになった。序盤は、お互い一歩も譲らず、近畿大は#9パトリックを中心に隙を突いたパスが光り、京産大は#90北條、#24大庭を中心に得点を重ねていく。前半はこのまま得点を取り合い続ける展開になるが、ゴール下のシュート本数が多い近畿大が少しずつだが点差を開いていく。前半はどちらにも流れが転ぶことはなかったが,近畿大学が9点リードで試合を折り返す。試合が動き出したのは後半開始直後。近畿大#36榎田の3Pシュートを皮切りに連続得点し京産大を少し突き放す。だが、京産大も#38リンダーのオフェンスリバウンドが機能し逆に点差を詰めていく。そこからは前半同様拮抗した展開が続く。終盤、この点差と時間の関係から京産大はファールゲームを選択する。しかし、近畿大がフリースローを確実に沈め、京産大は追いつくことが出来ずに83-73で近畿大が2年連続王座になり、関西選手権のリベンジも果たした。


【第1クォーター】
両チーム激しい攻防の中、先制点は近畿大#24今村のシュートで流れを掴み、近畿大#13渡辺のアシストで、立て続けに#24今村がシュートを決める。対する京産大は#90北條がシュートを立て続けに決め、得点を重ねる。
残り2:40で、京産大#24大庭が3Pシュートを決め、逆転する。残り1:30で京産大前半1回目のタイムアウト、その後マンツーマンディフェンスからゾーンディフェンスに変えようとするも近畿大が22-15のリードで終える。

【第2クォーター】
京産大#24大庭の3Pシュートで先制するも、近畿大#33濱田のドライブや#36榎田のジャンプシュートで点差を12点に広げる。京産大はなかなかシュートが決まらなかったが、#24大庭の3Pシュートで流れを掴む。残り3:50で京産大前半最後のタイムアウト。近畿大#24今村は、タイトなディフェンスで京産大の得点を阻む。近畿大はチームファールがかさむ。京産大#23サンブは何度も果敢にゴールを打つが、近畿大#9パトリックに阻まれる。近畿大#9パトリック、京産大#23サンブとのマッチアップでケガ、一度ベンチに下がる。残り1:30近畿大前半最後のタイムアウト。京産大はゾーン、近畿大はマンツーマン。残り0.9秒で京産大のカウントワンショット。32-41で近畿大リードで終える。

【第3クォーター】
京産大ボールからゲームを再開。先制点は京産大#90北條の3Pシュート。8:06京産大ベンチテクニカルファウル。京産大#24大庭のシュートで点差を4点差に詰める。京産大は#24大庭のシュートで得点を重ねる。近畿大は#24今村の3Pシュートで点差を広げる。残り2:11京産大後半1回目のタイムアウト。京産大はゾーンディフェンス。残り0.1秒、近畿大#9パトリックがアンスポーツマンライクファウル。51-59で近畿大がリード。

【第4クォーター】
近畿大ボールからゲームを再開。先制点は近畿大#36榎田の3Pシュート、#9パトリックのシュートで得点を重ねる。京産大はゾーンディフェンス。近畿大#36榎田のシュートで、京産大、後半2回目のタイムアウト。点差は11点差。京産大#24大庭の速攻、レイアップシュートが決まり、点差は9点差。そして近畿大後半1回目のタイムアウト。タイムアウト明け、#25田中のシュート。近畿大#24今村の3Pシュート。近畿大#24今村のカウントワンショット。10点差。残り2:19京産大、後半最後のタイムアウト。タイムアウト明け、京産大#90北條の3Pシュート。残り33秒京産大ボール。近畿大#13渡辺のファウルで、京産大#23サンブのフリースロー。2本決める。近畿大#13渡辺ファウルアウト。しかし、ファールゲームを選んだ京産大に対し、確実にフリースローを決めた近畿大が83-73で近畿大が優勝した。

文責:長谷川 滉(西日本委員)

  • 主審
  • 副審
  • 副審
  • 副審
  • スコアラー
  • サブスコア担当者




ページトップへ