トーナメント表(ファイルダウンロード)
試合詳細
試合日 2019年7月29日(月)
開始時刻 13:20
会場 いちき串木野市総合体育館
三重県立四日市工業高等学校
65
  • 17 - 16
  • 21 - 23
  • 12 - 22
  • 15 - 15
76
広島県立広島皆実高等学校

三重県立四日市工業高等学校

No. 選手名 GS PTS 3P 2P DK FT RBD AST STL BLK TO PF TF FO DFL DQ MIN
M-A % M-A % M-A % OR DR TOT
4 中川 貴晶 12 3-3 100 1-3 33 0 1-1 100 0 2 2 2 0 0 2 5 0 0 0 1 21:33
5 小野 元暉   6 0-4 0 3-5 60 0 0-0 0 0 4 4 1 0 0 0 0 0 0 0 0 21:42
6 野田 巧真 15 0-1 0 5-15 33 0 5-8 62 0 1 1 1 0 0 1 5 0 0 0 1 22:46
7 角前 太征   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
8 春日部 昇大   5 0-1 0 2-6 33 0 1-1 100 2 4 6 4 0 0 5 3 0 0 0 0 19:31
9 藤本 拓実 10 0-0 0 5-14 35 0 0-0 0 0 5 5 6 1 3 2 4 0 0 0 0 27:37
10 梅田 丈瑠 3 1-3 33 0-1 0 0 0-0 0 0 1 1 1 0 1 1 0 0 0 0 0 19:46
11 水谷 航 2 0-0 0 1-2 50 0 0-0 0 0 1 1 0 0 0 0 4 0 0 0 0 19:14
12 佐野 龍雅   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
13 東 永翼   8 0-0 0 3-5 60 0 2-4 50 1 4 5 1 0 1 0 0 0 0 0 0 20:14
14 野浪 明人   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
15 山田 達郎   4 0-0 0 2-5 40 0 0-0 0 4 3 7 0 0 0 2 4 0 0 0 0 27:37
  Team/Coaches   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
  TOTALS   65 4-12 33 22-56 39 0 9-14 64 7 25 32 16 1 5 13 25 0 0 0 2 200:00

広島県立広島皆実高等学校

No. 選手名 GS PTS 3P 2P DK FT RBD AST STL BLK TO PF TF FO DFL DQ MIN
M-A % M-A % M-A % OR DR TOT
4 阿部 優月 5 0-1 0 2-8 25 0 1-1 100 0 0 0 5 0 0 1 0 0 0 0 0 38:35
5 國安 駿平 6 0-0 0 3-6 50 0 0-0 0 1 0 1 0 0 0 1 3 0 0 0 0 10:37
6 東 蒼一朗   0 0-0 0 0-1 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4:50
7 定森 琉汰   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
8 三谷 桂司朗 32 1-9 11 10-19 52 0 9-15 60 2 18 20 2 1 1 4 3 0 0 0 0 39:24
9 神足 駿斗   5 0-0 0 1-5 20 0 3-4 75 5 3 8 3 0 0 0 4 0 0 0 0 28:19
10 林 龍之介   14 0-0 0 5-7 71 0 4-4 100 1 5 6 0 0 2 2 1 0 0 0 0 18:23
11 大福谷 和馬 4 0-0 0 2-8 25 0 0-0 0 5 4 9 0 0 0 1 2 0 0 0 0 29:44
12 米井 水土   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
13 梶原 琉夏   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:36
14 柿村 香佑 10 1-2 50 3-5 60 0 1-2 50 1 1 2 4 0 0 2 2 0 0 0 0 26:54
15 篠原 広照   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2:38
  Team/Coaches   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
  TOTALS   76 2-12 16 26-59 44 0 18-26 69 15 31 46 14 1 3 11 15 0 0 0 0 200:00



No:背番号 PTS:得点 AVG:1試合平均得点 M:成功数 A:試投数 %:成功率 2P:2ポイントシュート 3P:3ポイントシュート DK:ダンク  FT:フリースロー RBD:リバウンド OR:オフェンスリバウンド DR:ディフェンスリバウンド TOT:合計 AST:アシスト STL:スティール BLK:ブロックショット TO:ターンオーバー PF:パーソナルファウル、クリア・パス・ファウル、アウェイ・フロム・ザ・プレイ・ファウル、フレグラントファウル、パンチングファウルの合計 TF:テクニカル・ファウル FO : ファウルオン DFL:ディフレクション DQ:退場回数 MIN:試合出場時間

戦評
第1Q 両チームともマンツーマンでスタート。先制したのは広島皆実。♯4の鋭いドライブからレイアップシュートを決める。しかし四日市工業もすぐさま反撃し♯4のレイアップシュートで同点。その後,広島皆実♯4のバスケットカウントや♯8,♯11のシュートが決まり10-2とリード。中々シュートが決まらなかった四日市工業も♯6のバスケットカウント,♯10の3Pシュート決が決まり,更に♯6の3Pシュートに対するファールで得たフリースローを2本決め同点に追いつく。その後は一進一退の攻防が続き,第1Q終了間際に四日市工業♯5のレイアップシュートが決まって17-16とし,四日市工業が1点リードして終了する。
第2Q 主導権を握ったのは四日市工業。♯4の連続3Pシュートなどでリードを奪い,♯6がバスケットカウントを奪った残り6分21秒に広島皆実のタイムアウト。流れを変えたい広島皆実であったが中々シュートが決まらず,残り4分13秒で33-24となり前半2回目のタイムアウトを請求。その後,上から当たりプレッシャーをかける四日市工業のファールが込む間に♯10がリング下からシュートをねじ込むなど徐々に追い上げ,残り1分半を切ったとこ逆転に成功し38-39で折り返す。
第3Q 四日市工業のシュートがリングに嫌われ中々得点が伸びない。その間に広島皆実は♯8,のコンビネーションプレイや♯14のシュートが決まり,残り5分40秒で42-50とリードを広げる。ここで,四日市工業はこの試合初めてのタイムアウトを請求。流れを引き寄せたいところだがショットを決めた後に広島皆実のドライブに対するファールが込み,点差は中々縮まらない。結局,50-61と広島皆実が11点リードして終了する。
第4Q 必死の攻防が続く中,四日市工業は主力が退場。要所で得点を決めてきた2人を欠いた後も最後までリングに向かい続け,♯13や♯が9がシュートを決めるが,広島皆実も♯8を中心に攻撃を組み立てて得点を重ね,3Qで着いた点差を詰められることなく65-76で広島皆実が勝利を収めた。

文責:白石 達哉

  • 主審
    紀伊 孝哉
  • 副審
    山口 憲昭
  • 副審
    石川 丈晴
  • 副審
  • スコアラー
    串木野
  • サブスコア担当者




ページトップへ