トーナメント表(ファイルダウンロード)
試合詳細
試合日 2018年8月7日(火)
開始時刻 10:00
会場 一宮市総合体育館
中部大学第一
55
  • 15 - 16
  • 13 - 19
  • 18 - 11
  • 9 - 20
66
開志国際

中部大学第一

No. 選手名 GS PTS 3P 2P DK FT RBD AST STL BLK TO PF TF FO DQ MIN
M-A % M-A % M-A % OR DR TOT
4 副島 光生   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
5 青木 遥平 14 4-8 50 0-1 0 0 2-2 100 1 5 6 0 0 0 0 3 0 0 40:00
6 矢澤 樹 12 0-3 0 5-17 29 0 2-2 100 3 3 6 3 0 0 0 0 0 0 30:52
7 小澤 幸平   4 0-0 0 2-5 40 0 0-0 0 1 4 5 1 0 0 0 1 0 0 20:38
8 Boubacar Ndiaye 3 0-0 0 1-8 12 0 1-4 25 3 12 15 1 0 0 1 4 0 0 25:57
9 佐藤 優光   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0:08
10 井戸 光邦   10 2-5 40 2-7 28 0 0-0 0 1 0 1 2 0 0 1 1 0 0 31:43
11 仲宗根 弘 4 0-6 0 2-5 40 0 0-0 0 1 4 5 1 0 0 3 2 0 0 17:25
12 深田 怜音 0 0-0 0 0-2 0 0 0-0 0 2 1 3 1 0 0 0 0 0 0 19:14
13 吉本 大心   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
14 葉山 隆誠   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
15 Batoumani Coulibaly   8 0-0 0 4-12 33 0 0-0 0 2 5 7 0 1 2 1 5 0 1 14:03
  Team/Coaches   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 1 1 2 0 0 0 0 0 0 0 DNP
  TOTALS   55 6-22 27 16-57 28 0 5-8 62 15 35 50 9 1 2 6 17 0 0 1 200:00

開志国際

No. 選手名 GS PTS 3P 2P DK FT RBD AST STL BLK TO PF TF FO DQ MIN
M-A % M-A % M-A % OR DR TOT
4 小池 文哉 15 1-6 16 6-12 50 0 0-0 0 0 1 1 0 0 0 0 1 0 0 34:09
5 小栗 瑛哉 12 1-7 14 3-3 100 0 3-4 75 0 7 7 4 1 0 1 3 0 0 40:00
6 和田 蓮太郎 18 1-5 20 7-9 77 0 1-1 100 2 9 11 0 0 2 1 1 0 0 39:45
7 丸山 遼   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:15
8 相馬 迅   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:04
9 清水 瑠衣   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
10 高木 拓海   4 0-0 0 2-3 66 0 0-0 0 0 1 1 2 1 0 0 0 0 0 5:51
11 板澤 明日起   0 0-0 0 0-2 0 0 0-0 0 1 0 1 0 0 0 0 1 0 0 6:40
12 ジョーンズ 大翔 4 0-2 0 2-10 20 0 0-0 0 4 4 8 1 0 2 2 3 0 0 33:20
13 永原 陸   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 DNP
14 JOOF Yusuf   7 0-2 0 2-9 22 0 3-8 37 1 10 11 0 1 0 1 4 0 0 23:03
15 SYLLA ELHADJI ASSANE 6 0-0 0 2-3 66 0 2-3 66 0 4 4 0 0 0 0 1 0 0 16:53
  Team/Coaches   0 0-0 0 0-0 0 0 0-0 0 3 5 8 0 0 0 0 0 0 0 DNP
  TOTALS   66 3-22 13 24-51 47 0 9-16 56 11 41 52 7 3 4 5 14 0 0 0 200:00



No:背番号 PTS:得点 AVG:1試合平均得点 M:成功数 A:試投数 %:成功率 2P:2ポイントシュート 3P:3ポイントシュート DK:ダンク  FT:フリースロー RBD:リバウンド OR:オフェンスリバウンド DR:ディフェンスリバウンド TOT:合計 AST:アシスト STL:スティール BLK:ブロックショット TO:ターンオーバー PF:パーソナルファウル、クリア・パス・ファウル、アウェイ・フロム・ザ・プレイ・ファウル、フレグラントファウル、パンチングファウルの合計 TF:テクニカル・ファウル FO : ファールオン DQ:退場回数 MIN:試合出場時間

戦評
決勝の組み合わせは、前日の準決勝で東海大諏訪を大接戦の末に破った中部大第一と、明成に終始リードを守りながら危なげなく勝利をものにした開志国際の対戦となった。 第1P 両チームハーフコートマンツーマンでスタート。ジャンプボールをものにした開志国際は#15アサンのポストプレイからバスケットカウントで先制。続けて#5小栗の3Pシュートも決まり最高のスタートを切る。その後も開志国際は、多彩なスクリーンを駆使しシュートチャンスをうかがい、中部大第一のディフェンスを翻弄する。序盤、固さの見える中部大第一は、今大会好プレイを見せているベンチメンバーを次々に投入すると、ディフェンスにもようやく激しさが戻り、オフェンスにも積極性が見え始める。終盤に流れを引き戻した中部大第一であったが16対15で開志国際が1点リードを保つ。 第2P 中部大第一はインサイドへボールを集めるが、思うように得点が伸びていかない。対する開志国際もターンオーバーが続くなど互いに苦しい時間帯が続く。その中、中部大第一は苦しい場面で#15クリバリが豪快なブロックショット、#5青木が連続して3Pシュートを沈めてチームを盛り上げる。一進一退の攻防が続くが、開志国際はわずかな隙を見逃さずに#6和田のファストブレイクからのレイアップで引き離し、35対28とリードを広げて前半が終了する。 第3P 追いすがる中部大第一は、開志国際のゴール下でのミスから得意の速い展開に持ち込むと、後半出足の流れを掴み残り6分で逆転に成功する。#6矢澤の果敢なドライブからのレイアップが光り、46対46の同点で第3ピリオドが終了。勝負は振り出しに戻る。 第4P 勢いに乗りたい中部大第一だが、ここまで攻守で存在感を見せていた#15クリバリが残り8分に5ファウルで退場すると、攻め手を欠き苦しいシュートが続く。そのチャンスを見逃さない開志国際は、#6和田がファストブレイクからのレイアップ、#12ジョーンズからのアシストを受けてのゴール下シュートで連続得点し再び流れは開志国際へ。さらに開志国際は#4小池が3Pシュートを決めて7点差にリードを広げると、中部大第一に焦りが見え始める。シュートが単調になってしまう中部大第一に対し、ファストブレイクからのレイアップで連続して得点を重ねていった開志国際が、終盤にさらにリードを広げ、66対55で念願の初優勝に輝いた。

文責:長門 智史

  • 主審
    有澤重行
  • 副審
    橋本恵一
  • 副審
    岩井遥河
  • 副審
  • スコアラー
    一宮工業高校
  • サブスコア担当者




ページトップへ